PageTop

Скумбрия дневник

Это мимо истечения срока давно, но съел третий еще, если прошел огонь. Блог подобное.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦行戦艦

河内で経験値を稼ぎ、ホクホクで次ティアーの戦艦を購入。
しかし次の日本ツリーの戦艦はとんでもなかった。
worldofwarships 2015-09-20 00-38-49-17

ティアー4 妙義!!
ポチっと購入ウインドウをクリックするも疑問が拭えません。
はて、そんな名前の戦艦、先の大戦で存在していたか?と。

調べてみると、この妙義。
金剛型巡洋戦艦の試作設計案を具現化したものだとか。
worldofwarships 2015-09-28 21-10-45-49

こんな史実に登場していない船まで盛り込んでくれるなんて開発陣ステキすぎます☆

月刊「丸」でも特集が組まれていたけれど、近代海戦スキーは是非一度このゲームをやってみることを
お勧めしますね。


さて、この妙義。
前級の河内と一変して、戦い方を根底から変えることをプレイヤーに強いてくる船です。
足も遅い。射程も短い河内を長らく乗っていると、先行した駆逐艦や巡洋艦が開いた戦端に
割り込んで、近接戦闘砲撃を行うようになり、それに慣らされていきます。

ところが妙義に乗り換えると主砲塔の基数が半減したことで攻撃力が大きく落ちます。
最大射程こそ18kmと長いものの、そもそもそんな長距離で砲弾を当てることは至難であり、
速力が優秀なのも災いして、双眼鏡を覗きながら狙いを定めていたら、
うっかり味方艦隊より突出してて、一方的に敵の的にされ易いのです。

大きくなった船体も困りもので、デカくなった分、当てられ易くなります。
また、前方甲板に砲塔が一基だけというのもしびれます。
河内なら三基は確実に前方射角です。


金剛型での戦い方に慣れるためよと割り切るにしても本当に苦しい。
唯一の救いは近代化改修が進むと対空砲が装備され、見た目カッコよくなるぐらいでしょうか。
worldofwarships 2015-09-27 23-36-15-41

ティア4ともなると、
みんな戦闘に慣れてくるのか、チームの動きに統一性が生まれてきます。
誰かに命令したとかされた訳でもないのに空気読みます。動きます。


射程10kmを超える船にのってしまうと、今の仕様のマップは狭く感じてしまうけれど、
ああ、やっぱり戦艦だけでは勝てないのだなと、いろいろと痛感させてくれます。

戦争は総合力だと。
スポンサーサイト
[ 2015/10/20 21:01 ] WoWs プレイ日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。